圧着ハガキはダイレクトメールにおすすめ!専門業者で作成しよう

郵便ポスト

圧着ハガキなら個人情報の送付も安心

郵便はがき

広告や案内を送付したい時に問題になるのが個人情報。圧着ハガキなら、大事な情報をしっかり隠して送付できます。

圧着される面の内側の情報は、圧着面を剥がさないと確認出来ないため、契約情報や契約番号、更新時期を記載したり、パスワードやIDを郵送する時にも使用されます。銀行や保険会社からの案内で、圧着ハガキが届く事も多いかと思います。

通常のはがきだと、郵便配達員に内容を見られる可能性がりますし、ポストに入っているはがきを他人に見られていたとしても、気が付く事ができません。
その点、圧着ハガキであれば内容の確認をするためには剥がす必要があり、一度剥がしてしまうと元には戻らないので、万が一内容を誰かに見られたとしても、すぐに気が付く事ができます。

また、通常のハガキだと、情報を記載できる面は裏面のみと少ししかありませんが、圧着ハガキだと、機密性の高い情報を記載できる面が2面(中面)と、裏面にも情報が記載できるため、多くの情報を伝える事ができます。

圧着ハガキは機密性の高い情報の送付に最適です。
個人情報の送付や、ID、パスワード、契約情報など、機密性の高い情報の送付には、圧着はがきを活用しましょう。
また、圧着ハガキの印刷、圧着の作業は個人では難しいため、作成は専門業者に依頼しましょう。

キャンペーン案内なら圧着ハガキがおすすめです

キャンペーン案内を作るのに折込広告ほどのスペースはいらないけれど、はがきサイズでは小さすぎるというのでしたら圧着ハガキがおすすめです。折込広告よりは小さく、はがきよりは大きいので希望通りの大きさのキャンペーン案内が作れます。作成は専門業者に依頼する事で、自分達で印刷する手間も掛かりませんし、簡単に大量に広告を作る事ができますのでおすすめです。

圧着ハガキは中身が見えないようになっていますので、シークレットでのキャンペーンにも最適です。シークレットでのキャンペーン案内は特別感を出す事もできますので、一般のキャンペーン案内の他に一部のお得意様宛に、圧着ハガキバージョンのキャンペーン案内を送るのも良いのではないでしょうか?キャンペーンコードなどを印刷してもらって、さらに特別感を出すというのもおすすめです。

圧着ハガキは専門業者に依頼する事で、案外安く作成してもらう事ができます。手間も掛かりませんし、少数からの注文も可能になっています。その為、大企業だけではなく、中小企業や個人経営の商店などがキャンペーン案内を作る場合にもおすすめです。新聞に入れる広告よりも見てもらえる可能性は高いですし、思っているよりも宣伝効果は高いです。

圧着ハガキは一種類ではありません

圧着ハガキは見開きの二つ折りタイプだけしかないと思われているかも知れませんが、実際には三つ折りや往復三つ折りなどいくつかのタイプがあります。ですので、思っているよりも色々な利用の仕方ができます。作成は専門業者に依頼する事ができますので、広告やキャンペーン告知、イベント招待などに圧着ハガキを選んでみてはどうでしょうか?大量に依頼する事もできますし、少量での依頼もできますので、大企業から個人商店までおすすめです。

二つ折り以外は見た事がないので、印刷後のイメージが湧かないというのでしたら、サンプル印刷を試してみてはどうでしょうか?全ての専門業者がサンプル印刷をしてくれるわけではありませんが、全てのタイプの圧着ハガキに印刷して送ってくれる専門業者もあります。ただし、そういった専門業者でもサンプル印刷が無料のところ、有料のところとありますので、依頼前に必ず無料か有料かを確認して下さい。

また、印刷の色数も選べる場合が多いです。単色からフルカラーまで選べますので、印刷内容によってベストな色数を選んで下さい。必ずしもフルカラーがベストとは限りませんので、色数別にサンプル印刷してもらうのも良いかも知れません。ネット上で確認するのと、実際に圧着ハガキを手にして確認するのとはだいぶ違いますので、おすすめです。

様々なタイプの圧着ハガキを作成できる【ユニオン印刷】はおすすめの専門業者です。宣伝内容に合わせてタイプを選べますし、発送の代行も務めてくれるので、頼れるパートナーとなってくれるはずです。

おすすめ記事

  • ポストの模型

    圧着ハガキの特長を活かしてキャンペーン案内に使おう

    キャンペーンの開催は、商品の売上やサービス利用者数などを大きく伸ばす絶好のチャンスです。それだけに、折角展開したキャンペーンへの反応が今一つだと、企業としても対応に苦慮してしまうでしょう。そんな場合は、圧着ハガキを使ったキャンペーンをやってみてはどうでしょうか。圧着ハガキは、いくつか、キャンペーン案内に使うのに非常に適した特長を備えています。一つは、折りたたんで封をしたところを開いて、中を見たいと受取人に思わせる心理的な効果があることです。キャンペーン案内は、開封してもらって初めて功を奏し…

    »詳しく見る

  • 年賀状作成

    機密性の高さというメリットを活かした圧着ハガキ

    通常のハガキと圧着ハガキの大きく異なるところは、後者では特殊な糊を使い、用紙の一部を封入して外部から内容が見えないようにできることです。この機密性の高さは、重要な情報が無関係の人間に漏れないように伝える上で大きなメリットになります。このメリットは様々な場面で活用することができますので、是非、圧着ハガキを積極的に利用するといいでしょう。例えば、官公庁から管轄の住民に重要な個人情報を伝える場合、圧着ハガキのように内側に情報を織り込んで封入できる郵便物が最適と言えます。また、個人情報を扱…

    »詳しく見る

  • 大量の印刷物

    チラシ並みの情報を載せられる圧着ハガキを宣伝に使おう

    商品の宣伝をする際には、できるだけ多くの情報をお知らせして、お客様に興味を持ってもらいたいと思う一方、分厚い封書を送ると送料もかさむし、受け取る人に与える圧迫感も不安というジレンマがあるものです。そこでお勧めしたいのが、圧着ハガキを使うことです。圧着ハガキは、たたみ込んで封入した状態だと、見た目はハガキと同サイズのため、受取人に圧迫感や押し付けがましさを感じさせるリスクはないでしょう。サイズがハガキと一緒なので、送料もハガキと同じです。さらに、そのようなコンパクトなサイズであるにも関わらず…

    »詳しく見る

  • 着圧はがき

    圧着ハガキ特有のメリットを様々な用途に活用しよう

    郵便物の一つである圧着ハガキは、他の郵便物にはないユニークな特長を備えており、そのメリットは様々なシーンで活用できます。まず、圧着という方法で印刷した内容を内側に折り込んで封入できるため、非常に機密性の高い郵便物となっています。この特長を活かせば、個人情報をはじめ、重要性が高くて漏洩を防ぐ手立てが必須の情報を扱う際に、圧着ハガキを便利に使うことができます。また、一般のハガキに比較して、より豊富な情報を載せられる広いスペースを持つという特長もあります。これは、商品の宣伝などが目的の際に、受取…

    »詳しく見る